ようこそ! つむじ風ねっとPart2ねっと活用のビジネスサイトです。

魂の問題なのだ・・・面白い!

魂の問題なのだ・・・面白い!

面白い!
要は、生きているのは魂があるからで、
身体があるからではない、
この世は、身体が何よりも大事だが、
魂が無くては、生きている事は出来ない・・・。
身体=空だ・・だから、
間違ってはいけないという事だろう!!



 とは言え、生きるためには身体を養わなくてはならない。それはパンだが、パンのみにて、生きるにあらずとは、イエスの言葉だ。


 これまでは、パンを求めて、媚びへつらう者が多すぎた。そう言う時代は、もう終わりにしなければななら無いと思う。少なくとも、私はそう思い続けて生きてきたが、要領にいい話ではない。

L1001365


 でも、情報化時代を迎えて、その光明が見えてきた。


 資本家とは、お金、資産のことだが、その前に情報がある。金脈とはお金の情報。人脈とは、昔の情報脈だ。そして、気脈という言葉がある。見脈とも言う。これを合わせて、青い山脈とも言う人がいたが、お金持ちの条件だと、彼は真面目に語っていた。


 要するに、全ては情報網を築く事が、成功の条件だという事である。


 媚びへつらう事は、お金や、物を直接に求める行為である。乞食(こつじき)とも言う。これは悪い言葉ではない。坊さんは、必ず、潜らなければならない修行の一つである。

Dsc00113



 それは相手に、布施の徳を積ませるために必要であるからだ。


 媚びへつらうことなくして、乞食(こつじき)しなければ、本当の乞食(こつじき)ではないのである。


 昨今は、人脈が無くても、繋がる事が可能になった。金脈は必要ない。銀行も今後必要でなくなるだろう。何故なら、あまり気づいている人は少ないが、情報が先行すれば、物と金は後に付いてくる時代になったからである。


 例えば、物がほしい人が在ったとしよう。物を提供しようと申し出る。物を提供したくても、相手が分からない場合が、実は多いのである。だから、物を提供したくてたまらない人を繋げば良いだけだ。


 これが、情報化の時代のビジネスである。


 情報が、人を繋げる時代になった。お金は、その情報がお金を生む。生むと言うより、自由に引き出せる。物は後で繋げば良い。卑近に表現すれば、回せばよいのである。

Dsc02826



 実際に物ならば、物が流れて、後でお金が流れるからだ。物を必要とする人も、物を提供したい人もその事を納得している。


 これからの時代は、お金は必要ないのである。少なくともビジネスでお金は、先に必要ない。必要なのは、その仕組みと、やる気である。


 気脈=見脈は、絶対に重要だ。それは人間の見識を磨かなければならない。見識と言うより、気を高めなければならない。つまり、魂を磨かなければならないのである。


 そう言う事で、魂の時代を迎えつつあるのである。その意味で、これからの時代こそ、『魂の問題』なのだ。


 パンに拘らず、魂に生きよう。それが早道だ。


【転載開始】魂の問題なのだ

問題は。バンの上にはないのだ

食へないといふのか
食へる道を教へてあげようか
それは資本家の気に入る事だ
資本家に奉仕する事だ
資本家の犬となる事だ
資本家の犬にさへなってゐたら
きつとうまい飯にありつけるのだ
飯の食へないのは資本家への忠義がたりないからだ
それがさうとわかつたら
心をとりなはして
神妙に資本家の前に懺悔する事だ
さうして資本家に奉仕する事だ
資本家の便所を掃除するもよい
資本家のお髭の塵をはらふもよい
資本家のお臀(しり)をなめてやるもよい
さうしたらきつと食へるよ
きつとうまい御飯にありつけるよ。

なんだと、そんな事はいやだ
それはいかにも不心得の奴ぢや
おまへは非道な奴ぢや
お前は横着者ぢや
いや不道徳漢ぢや
自分知らずとはお前の事ぢや。
いやだといふのか
なぜいやなんだ
さうしたら食へるぢやないか。
そんな事をして食ふのがいやなんだ。
そんな事をして食ふのがいやだから
資本主義の制度を破壊せねばならぬと叫ぶのだといふのか

お前は。バンの問題だというたぢやないか
パン問題なら首をさげて奉仕さへすりやよいのぢやないか
そんな事は癪(しゃく)ぢやからできないといふのか。
さうだよ、だから問題はパンの問題ではなくして、魂の問題なんだよ
犬になる事がいやなんだ
忠義者になるに堪へぬのだ
死んでも資本家のお鬚の塵を掃うたり
便所の掃除をしたりするのがいやなんだ。

さうなんだ
わしらには食ふ事よりも大切な事があるのだ
単に。バンを得たからというて満足のできない心があるのだ。
さうだよ、その魂だよ
その魂をもつと!もっと明らかに光らさねばならぬのだ


資本制度の破壊なんかどうでもよいのだよ
もつとく魂を光らすのだよ。
入獄した主義者達が
絶食同盟をやるといふ事だ。
それは面白い事だ。
入獄しない前にこの絶食同盟をやるのがよいのぢや

奉仕者になる位なら死ぬ
犬になる位なら死ぬ
非礼な食は食はずに死んでも食(?悔い)はない
この決心が大切なんだ

産業破壊
そんな事はだめな事だ
共産主義そんな事もだめな事だ
資本家を威張らせないのには

資本を尊まぬのがいつちょいのぢや
金持は金の欲しい者に威張るのだ
金を欲しがらない者に金持の権威はないのだ。

資本がなくては身がたゝぬ
金がなければ食へぬぢやないか。
だがだ
そこに考へにやならぬ事があるのだ

食はずに死んでも金で売らない事だ
なまぬるい奉仕なんかやらない事だ
さうだ皆が野良犬になる事だ
絶食の覚悟をやる事だ。
死んぢやつまらぬ。

さうだ死んぢやつまらぬ
身が死んだらつまらん
魂が死んだらもつとつまらん
魂を光らせよ

魂を踴(おど)らせよ
さうして身を生かせよ
身をそだてよ
うんと食うたらよいぢやないか

バンは魂の力がうむものだよ
弱い者になるな
弱い者はふみにじられるにきまってをる
強くなれ強くなれ
問題は。バンではない
魂は大切なんだ

資本家を倒すには
決して剣や銃や爆発弾はいらぬのだ
自分の魂が光る時に
資本家は自分に対する権威を失ふのだ

貧乏人を苦しめる者は富める者ではないのだ
貧乏人は貧乏人自身の業で苦しむのだ
彼が資本家になりたい心が彼を苦しめてをるのだ
資本家が目前にゐない者は難を受くる事がないのだ

資本家を心の中で超越する者に
どうして資本家の害が及ぼうや
うんとふんばるのだ
一ふんばりやるのだ
なにくそと一ふんばりやるのだ
共産制度の恩沢にあづからうと思ふやうな弱虫は
終生うかむ瀬がないのだよ

腹がへってはいくさもできぬといふか
そこだ、そこだ
腹がへって始めて戦ができるのだ
魂の光る所に勝利はあるのだ

物は物によりて勝たれないのだ
物は魂によってのみ勝ちうるのだ
ダイオゼネスはアレキサンダーに屈しはしなかった
西行に頼朝は何でもなかった
千代尼に百万石も草の露だった
力は魂にあるのだ
資本家に威張らせないのは
たゞ魂の力の光あるのみなんだ。
 【転載終了】



a:927 t:1 y:0

コメント


認証コード1653

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional